Remic Times

毎月投稿!生コンってなに?!サクッと簡単に生コン情報をお届けします

REMIC TIMES 12月号 大型ブロックの販売始めました!「レミックブロック」略してレミブロ!

早いことで今年も残り1ヶ月となりました。

 

12月は忙しい月ではありますが、そんな時だからこそ!

 

新商品を発表いたします!

 


〇ゴブロックみたいなコンクリート 日本上陸!! 「べトンブロック」

 

 

イタリア製のおしゃれな型枠!!

 

「べトンブロック」です!

(べトンとはドイツ語でコンクリートという意味)

 

f:id:remictimes:20191203093307p:plain

 

この型枠の特徴は、側面にある凹凸です。生コンを入れ、固まった後に型枠を外すと、こんな形で出来上がります。

 

f:id:remictimes:20191203093454p:plain

 

何かに似ていると思いませんか!?

 

そう!幼いころに遊んだあのブロックです!

 

上面に突起があり、下面に同じ形のへこみがあるため、合体させることができます。

 

f:id:remictimes:20191203093511p:plain f:id:remictimes:20191203093527p:plain

 

凹凸部分でしっかり噛み合うため、上に積み上げても大丈夫!

 

人が押したくらいじゃびくともしません!

 

鉄筋やモルタルで固定する必要がないため、自由に組み換えが可能

 

まさに、、、「大人のおもちゃ」です

 f:id:remictimes:20191203093540p:plain

 

 この大人のおもちゃは突起が8個のスタンダードと突起が4個のハーフの二種類を組み替えることで様々な形を作ることができます。

 

2×4(スタンダード)のブロック2個で24通り3個だと1060通り6個ならば102981通りも組み合わせがあるそうです。(レゴブロックより抜粋)

 

f:id:remictimes:20191203093504p:plainf:id:remictimes:20191203093518p:plain

この画像はブロックで作られた骨材置き場と大規模ストックヤードです。

 

組み合わせ次第でこんなものまで作れてしまう、、、恐るべしレミブロック

 

これを見てわかるように、使用用途はあなたの想像力次第です。

f:id:remictimes:20191203093534j:plain

例えば、このような幅4.8m奥行き4.8m高さ2.4mの骨材置き場を作るのであれば

スタンダードを27個使用します。ご注文する際の目安にしてください。

 

何を作りたいかによって組み合わせが変わってきますので、少しでも興味がある方は0575-28-4008までご相談ください!

 

 

f:id:remictimes:20191203093550j:plain 

 

レミブロック スタンダード 

高さ0.8m 幅0.8m 長さ1.6m 重さ約2.2トン・・・5000円(税別)

 

 

f:id:remictimes:20191203093419j:plain

 

レミブロック ハーフ

高さ0.8m 幅0.8m 長さ0.8さ約1.1トン・・・4000円(税別)

 

 

工場渡しのみの取り扱いです。

一度に大量生産することができません。在庫切れや予約販売になる可能性がありますのでご了承ください。

 

レミブロックは廃棄されてしまう戻りコン、残コン由来の材料を使用することで、資源を無駄にせず製造しています。強度、仕上がりにつきましては保証対象外とさせていただきます。

 

 

運搬設置用に吊り下げ金具がスタンダードに4点、ハーフに2点ついています。

使用するには専用器具が必要なため貸出しが必要な場合は0575-28-4008までお問い合わせください。

 

f:id:remictimes:20191203093428p:plain

 

ご注文お待ちしております^^

 

 

お知らせ

令和2年度レミックマルハチのカレンダーができました。工場休業日が記載されています。お手元にない場合は0575-28-4008までお問い合わせください。

 

12月の工場休業日は、毎週日曜、12月7日、12月21日、1月18日の各土曜。

年末年始は、12月29日~1月6日までです。

 

 

www.facebook.com

www.remic08.jp

 

www.youtube.com

 

www.instagram.com


 

 

 

REMIC TIMES 11月号 モルタルにいれてもいいんですか?「メッシュレスコンクリート」

 

f:id:remictimes:20191105123900p:plain

 

「コンクリートの上にモルタルを薄く施工すると、どうしてもひび割れができちゃうんだけど、バルチップ入れたらひび割れできなくなるかな?

 

 

先日、お客様よりこの様なお問い合わせをいただきました。

 

 

 確かに、バルチップをコンクリートに混ぜることはあっても、モルタルに使用したことはなかったため、今回は実際にやってみました!!

 

 

だがしかしその前に、、、

 

 

まずバルチップってなんだろう?と思っている方のために解説していきます。

 

 

バルチップとはポリプロピレンでできた、太さ0.7mm長さ3cm繊維

生コンに混ぜることによって、ひび割れを抑制する効果があります。

このひび割れ抑制効果により駐車場などの土間コンなどの施工を行う際に、

メッシュ筋の代わりに使用することができます!!

 

 

このバルチップを工場で混ぜてからお届けするのがレミックマルハチの

「メッシュレスコンクリートです。

 

f:id:remictimes:20191105123719j:plain

 

 

メッシュがいらないから準備がいらない。メッシュがないから打設が楽々。

 

メッシュレスコンクリート

 

ご興味ある方はレミックマルハチのホームページからご覧ください。

https://www.remic08.jp/pc/

 

 

宣伝はほどほどにして、、、

さっそく実験していきたいと思います。

 

 

まず、モルタルが付着しやすくなるよう表面をワイヤーブラシで削った、普通のコンクリートを用意します。

 

 

f:id:remictimes:20191105123815j:plain

 

 

乾燥したコンクリートの上にセメントペーストとチップ入りセメントペーストを約1cmの厚みで施工します。

 

 

f:id:remictimes:20191105123837j:plain

 

すると、すぐ大量のひび割れが発生したため一度ひびを͡͡コテできれいにしたものが下の画像です。

 

 

f:id:remictimes:20191105124529j:plain

 

 

あれ?モルタルじゃないの??

と思われた方もいると思いますが、モルタルで同じ実験をしたところ、このサイズではひび割れが起こらなかったため、今回はセメントペーストで実験しました。

 

 

f:id:remictimes:20191105124540j:plain

          (こちらモルタルの画像、両方ともきれいなため比較失敗。。)

 

 

f:id:remictimes:20191105124500j:plain  f:id:remictimes:20191105124445j:plain

      バルチップ入り              バルチップなし

 

 

バルチップなしは大きなひび割れが多数発生したのに対し、バルチップ入りは細かいヒビにとどまりました。

 

 

下の画像はバルチップなしのヒビが入った場所を拡大したものです。

このひび割れで約0.3mmです。

 

f:id:remictimes:20191105124425j:plain



 

モルタル、セメントペーストにバルチップを使用すると全てのひび割れを防ぐことはできないものの効果があることが上の画像からわかります。

 

 

今回は比較のために、ひび割れが起こりやすい状況をあえて作りましたが、通常のメッシュレスコンクリートは全てのひび割れを防ぐものではないので、カッターや目地、養生など適切な施工が必要です。

 

 

メッシュレスコンクリートにご興味がある方はレミックマルハチまでご連絡ください。

 

 

 

おまけ

 

ひび割れができないようにするのがメッシュレスコンクリート!!

 

 

じゃあひび割れができてしまったらどうすればいいの??

 

 

そんな時はこれ、ひび割れ補修材クラックメンテがあります!


f:id:remictimes:20191105125139j:plain

 

 

 クラックメンテは補修跡が目立ちにくく、特別な道具もいらないため誰でも簡単にあつかうことができます!!

 

 

f:id:remictimes:20191105125205j:plain

f:id:remictimes:20191105125218j:plain

f:id:remictimes:20191105125238j:plain

f:id:remictimes:20191105125100j:plain

 

www.youtube.com

 

インスタグラム

https://www.instagram.com/remic_maruhachi/?hl=ja

 

 

RemicTimes 10月号 2

f:id:remictimes:20191011144730j:plain

RemicTimes 10月号が発行されました。

 

 

裏面は川端工業様のご紹介記事です。

 

このブログでは自社の紹介もまだしていなかったのですが、

 

そんなこと関係ありません。

 

記事で伝えきれなかった川端工業さんの魅力をご紹介させていただきたいと思います。

 

上の記事にも書いてある通り、川端工業さんはポンプの圧送会社ですが、

 

モバイルミキサを所有しているため、生コンはもちろんのこと、

 

透水性コンクリートの取り扱いもしています。

 

そのCMがこちら

 


(実はこの身体をはっている方、川端工業の中村社長です)

 

このCMは福井テレビで絶賛放送中です。

 

そのおかげか、透水性コンクリート川端工業

 

というイメージが福井県では定着しつつあるようです!!

 

これからはモバイルの機動力をいかし、全国へ展開していくそうです。

 

 

こちら川端工業様のYoutube動画とホームページです。

 

興味のある方は是非ご覧ください!!

 


 


 

www.kawabata-cp.com

 

お知らせに記載してある、関の工場参観日のお申し込みはこちらからどうぞ↓↓↓

 

kojosankanbi.jp

RemicTimes 10月号 1

f:id:remictimes:20191011144813j:plain

 

Remic Times10月号が発行されました!!

 

モバイルミキサーレーザクリーナーべトンブロックと盛りだくさんでしたが、

 

Remic Timesを読んだことがない方にとってはナニソレオイシイノ状態だと思いますのでまずはこの動画をご覧ください。

 

モバイルミキサー



簡単に言うと移動することができ現場で生コンを製造できる生コンプラントです!!

 

このモバイルミキサが沖縄から帰ってきたらサビだらけだった。。

 

なんとかできないものか、、、

 

そこで!!

 

レーザクリーナーできれいに除去をしました!!

 

レーザクリーナー



 

きれいになったことで、再起動可能に!!

 

帰ってきたモバイルミキサはレミックの新商品のべトンブロック製造やジェットコンクリートの打設に大活躍をしています。

 

そして、モバイルを使用してつくった新製品がこちら↓↓↓

 

新製品べトンブロック



 

ご覧いただけただろうか。

 

まさに 大型レゴブロック!!!

 

大人の子供心をくすぐる そんな商品です。

 

使用用途は使う人次第!あなたの想像力を掻き立ててみてください!

(ブロック塀やオブジェとして使用するのが一般的)

 

動画にも載せている通り、カミングスーンです。

 

ただいま絶賛製造中ですので、ご注文はもう少しだけお待ちください。

 

 

 

 

 

 



 

 

 

「KGのひとりごと」

どうも、

 

KGです。

 

Remic Timesという名前のこのブログですが、

 

Remic Times関係以外の事柄も記載していきたいと思います。

 

そのうちに一つが今まさに書いている、「KGのひとりごと」です。

 

これは普段の生活で気づいたことや感じたことを、ただ思うがままに書いていくもので

 

Twitterの長いバージョンと考えていただければよいと思います。

 

不定期で更新していきますのでよろしくお願いいたします。

 

それでは、今日感じたこと。

 

台風19号、すごかったですね。(語彙力)

 

私の住んでいる岐阜県関市はそこまでひどい雨も降らず、事なきを終えましたが、

 

東日本ではかなりの被害がでました。

 

そんななか、どれくらいの被害がでているのか気になり、

 

TwitterYoutubeで調べていましたが、多くの情報が一瞬ででてきました。

 

この二つに限らずインスタのタグ付け機能など、すでにSNS検索エンジン化していて

 

イムリーな事柄はネットが一番早く情報を得られます。

 

一方、テレビを眺めていると5時間前にネットで見たものと同じ情報が

 

朝、昼、夜のニュースで何度も取り上げられていました。

 

目的によって良い悪いはありますが、情報収集の観点からみると、

 

改めてテレビの必要性が薄れてきていると感じました。

 

このようなことを書くこと自体、いまさら感がありますが、、、

 

テレビ、、、情報が遅い。タイムリーな話題はTwitterで検索しよう

 

と改めて感じた週末でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RemicTimesブログ始めます

 

いつも、RemicTimesを精読していただきありがとうございます。

 

RemicTimesを読んだことがない方、安心してください。

 

RemicTimesは、創刊50回を迎えたことを節目に、

 

ブログでも情報発信をすることが決定しました!!

 

今まで紙媒体でしか読むことのできなかったRemicTimesを、ブログとしてより多くの

 

方にお届けすることはもちろんのこと、生コンクリートとは関係のない記事や、

 

ブログでしか読むことができない記事もどんどん投稿していきます。

 

今後ともレミックマルハチをよろしくお願いいたします。

 

 ホームページ

www.remic08.jp

 

Youtube

www.youtube.com

 

フェイスブック

www.facebook.com