Remic Times

毎月投稿!1000~1500字程度で簡単に生コン情報をお届けします

モバイルミキサなら軽量コンクリートも製造できます!!

軽量コンクリートってご存じですか?

通常の生コンは、1㎥あたり2.2~2.3トンもの重さがあります。これは、密度が2.6前後の砂利や砂を全体の6割以上使用しているからです。軽量コンクリートは、その砂利を密度の軽量骨材に変えることで、1㎥あたり約1.8トンの軽量コンになります。砂利と砂を両方とも軽量骨材に変えて、約1.6トンの軽量コンもあります。

 

どんなところに使うの?

強度や防水性は必要なので、コンクリートを使いたいが、重たいコンクリートだと、下のコンクリートが重さに耐えられない!例えば、高層ビルの高層階や、屋上の防水コンなどに使用されることが多いです。

今回は、橋の修繕工事で採用されました。古い橋の床版をコンクリートで打ち換えるのですが、下の柱への負担を少なくするために、軽いコンクリートを使います。

本来なら生コンプラントで製造するのが普通ですが、関市に軽量コンクリートを取り扱っている工場が無いため、弊社に依頼がありました。プラントで製造しようとすると、ストックしてある材料を入れ替えなければいけません。それは難しいため、モバイルコンクリートミキサーの出番です!

今回の現場は美濃市で、弊社から30分程度でした。数量が多いため、材料を現場に搬入して、モバイルコンクリートミキサーで製造するより、工場で製造して、生コン車に積み、運搬した方がコストも手間も省けるという事で、今回は、工場での製造となりました!!

モバイルコンクリートミキサーで製造した生コンを、ポンプ車で生コン車に投入している様子です。


www.youtube.com


www.youtube.com

 

見た目は普通の生コンと同じように見えますが、軽いです!

今回は、以前ご紹介した、大型ベルトコンベア―「Reloader」も製造に参加!!

モバイルコンクリートミキサーに砂を供給しました。

 

ベルトコンベアーに砂を供給するのは、アタッチメントをBMXからバケットに取り換えた、ボブキャットです!モバイルコンクリートミキサーでの軽量コンクリート製造が見られます!


www.youtube.com

 

お知らせ

昨年に続き、関の工場参観日に参加しました。(関の工場参観日とは、

関市が主催し、関市にある工場を一般の人が見学や体験をするイベン

トです)

弊社には、2日間で募集人数を越える、13名の方がいらっしゃいました。

生コンの説明をした後、プラント見学をしていただきました。プラントの

1番上の階まで登った皆さんには、絶景をプレゼントです!

皆さん、なぜ生コンプラントは高いのか?あの斜めの管はなに?などの疑問が解けて、楽しそうに見学されていました!!


www.youtube.com

令和5年度からの休業日変更について

これまで、祝祭日は営業してきましたが、令和5年4月から、祝祭日を休みとさせていただきます。生コン工場、砂利・RC・ガラ受入、ペットボトル工場全て休みです。)大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

来年のレミックカレンダーはこちらからもご覧になれます。

 

レミックマルハチ定休日赤字が定休日になります)

 

モバイルネットワーク広がっています! 特殊コンを練るなら BXM&ボブキャット

BMXとは、ボブキャットやホイールローダーなどに取り付けて、生コンを練ることのできるマシンです!

計量した材料を投入して、混ぜるだけで様々な生コンを製造することができます!

通常の普通コンクリートはもちろん、生コン工場では対応してもらえない、超速硬コンクリートや、特殊な薬品を使用したコンクリートも、簡単に製造することが可能!!

重機に取り付けることによって、生コンを製造して、そのまま打設箇所まで移動することもできます!

使用する重機は、アタッチメントや油圧ホースが合えば、取付可能ですが、実際に取り付けて動かし確認することもできるので、ご相談ください。

モバイルネットワーク

モバイルミキサをはじめとする、移動式生コンプラントを所有している工場で作られている、日本モバイルコンクリート協会!BMXもその一つです。

BMXの仲間たち!

・日昇商事有限会社(徳島県徳島市
・株式会社米金商店(岐阜県岐阜市
・大里ブロック工業株式会社(茨城県つくば市
・有限会社渋谷建材(埼玉県川越市

・株式会社レミックマルハチ(岐阜県関市)

岐阜県からだと、どうしても移動費がかかってしまいます。会員工場が近くにあれば、ご紹介することも可能です。また、1台ではこなせない仕事も仕事も、2社で請け負うこともできます。

www.youtube.com

BMX使用実績例

・橋梁床版補修工事に使用する超速硬CONの練り落とし
・橋梁伸縮装置取り換え工事に使用する超速硬CONの練り落とし
・支柱基礎工事に使用する無収縮グラウト材の練り落とし
・夜間トンネル工事に使用する生コンの練り落とし
・個人宅外構工事に使用する透水性コンクリートの練り落とし


www.youtube.com


www.youtube.com

お問い合わせは、0575-28-4008まで。

お仕事の依頼はもちろん、BMXのご購入、レンタルもお気軽にお問い合わせください!

 

お知らせ

令和4年10月から制服が新しくなりました!

インディゴとカーキの2色を採用し、胸にはレミックマルハチのロゴを刺繍してあります。

今年もレミックマルハチのカレンダーを作成しました!!

11月中旬頃からお配り出来る予定です。弊社の休みが載っています。

生コンの配達時にお届けすることができますので、ご連絡ください。

 

レミックマルハチ定休日(赤字がお休みです)

汚れ落としにはブラストオフ!!レンタル屋さんにも大好評です!!

生コン車に付いたコンクリートを落としたい時はどうしますか?

「スクレーパーでコツコツ削る。」「汚れがひどい時はグラインダーで削ってから、ペンキを塗るね。」「塩酸かけるとキレイに取れるよ。錆びるからあんまり使わないけど。」「塩酸程じゃないけど、サンポールは安い割に落ちる。」生コン工場の運転手さんに聞くと、この様な答えが返ってきます。

 

しかし、毎日キレイにしているけど、少し汚れが気になってきたくらいの場合は、サンポールでも刺激が強いので、錆や変色の原因になってしまいます。

特に、建設機械やダンプのレンタルを行っている会社などは、返却の際に洗って返却されますが、どうしても汚れが残ってしまいます。そんな汚れを、次の人に貸す前にキレイにしたい!!

そこで、使われているのが、優しくコンクリートの汚れを落とす、ブラスト‐オフです!!

 

ブラスト‐オフは、強酸で強烈に融かすのではなく、サトウキビや甜菜から抽出した酸を基に作られています。天然由来の成分で、セメント成分をじっくり融かすため、母材にやさしいのです!

ゴムも、プラスチックも傷めないので、水洗いできるならどんな所にでも、使用していただけます!

母材を傷めにくいので、エアメータにもご使用いただけます。

上の画像のように、毎日洗っている生コン車。コンクリートが付着しているわけではないのですが、アクのようなものが付着して、綺麗じゃないですよね!?こんな汚れに、ブラスト-オフを使用するとピカピカに!!

スラッジ水がかかって、そのままにしていたため、固まってボルトが回らない…

固くはないので掃除すれば取れますが、ボルトの溝は面倒だし、磨くと粉塵がでるから嫌…

 

ブラスト-オフは、かけて水洗いするだけなので簡単!粉塵は出ません!ボルトの溝も、写真では少し残っていますが、脆くなっているので回すことはできます!!

スラッジ水の濃度を測定するガラス器具。毎日使用していると、内側にスラッジの汚れが付着します。

ガラスの中は洗いにくいので、ブラストオフを少々お入れてすすげば、綺麗にとれます!!

 


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

ブラストオフのお問い合わせ、ご注文は、0575-28-4008まで。

 

お知らせ

メッシュレスコンクリートの取扱い終了

弊社の水処理方法の変更により、バルチップ入りの洗浄水の処理ができなくなりました。そのため、通常と同じように「洗浄費」が加算されます。バルチップの価格高騰もあわせて、大幅な価格アップとなってしまいます。お手軽に使用していただく価格でのご提供ができないため、令和4年9月でメッシュレスコンクリートの取り扱いを終了させていただきます。ご迷惑をおかげいたしますが、よろしくお願いいたします。

今後は、その都度お見積りを出させていただきますので、ご相談ください。

メッシュレスコンクリートを解体したコンクリートは受入可能です。

 

 

レミックマルハチ休日

 

残コン・戻りコンをリサイクル! 全国でレミブロックが買える⁉ 残コンブロック全国へ展開中!!

生コン工場の、悩みの種である残コン・戻りコン。

ちょうど、同じ配合を欲しがっているお客さんがいたとしても、余った生コンを納入することはできません!

余った生コンは、生コン以外の使い道を作ってやらないと、産業廃棄物として処分することになります。

 

セメントも骨材も、限りある大切な資源!捨てるなんてもったいない!

レミックでは、余った生コンを使用して「レミブロック」という大型ブロックを作っています。

最大の特徴は、おもちゃのレゴブロックのように、上面が凸、下面が凹の形になっているため、積み上げる時にジョイントになり、安定して積み上げることができます。

吊り下げ用の金具は、くぼんだ形状になっているため、積み上げる際に邪魔になりません。切り取る必要が無いので、いつでも簡単に動かす事ができます!

 

フレコンバックに土を入れて並べてあるのを見かけますが、時間が経つと破れたり、草が生えたりしてみっともないですよね。その点レミブロックなら、劣化しないので、キレイなままです!撤去も簡単にでき、次に使うこともできます!

レミブロックを使用すれば、型枠を組む必要も、生コンが固まるまでの時間も必要ないので、緊急時の施工や工期短縮の強い味方です!

※レミブロックは、残コンで作成しているため、強度、表面の色や仕上がりは保証の対象外です。

レミックで販売している残コンブロックは、「レミブロック」ですが、実は全国でも同様の規格で作成された、残コンブロックが製造販売されています。右の、ベトンブロック社製の型枠を使うことで、同じ規格のブロックを製造することができます。

1社では在庫が足りない時など、複数の工場から同じ規格のブロックを集めることができます!

それを可能にしているのが、「残コンブロック利用促進協議会」です。

ホームページを見れば、全国で同じベトンブロックを製造している工場がすぐに分かり、在庫も載っています。

工場によって需要が異なるため、タイプの違うブロックを作成していますが、凹凸の形状は全て同一サイズです。価格は、各地域の生コン価格なども考慮して、工場ごとに設定されています。

 

レミックで製造しているのは、1800×900×900の1㎥タイプと、900×900×900の0.5㎥ハーフタイプ(受注生産)の2種類です。1㎥タイプで約2.2トン。どちらも吊金具ありタイプです。

1個から販売していますので、お気軽にお問い合わせください!

 

生コン豆知識

コンクリートから砂利を取り出して、もう一度生コン用の砂利として使う事はできないの?

JIS規格には、コンクリートから砂利を取り出した「コンクリート用再生骨材H」「再生骨材を用いたコンクリート生コンを洗浄して取り出した「回収骨材」という規格もあり、規格化して、使えるようになっています。

ただし、どの規格も、新たな設備が必要だったり、コストがかかる、管理に手間がかかる、使用の条件が厳しいなどで、現状あまり普及していません。レミックでも使用していません。

ただし、JIS製品でなければ、もう少し柔軟に使用することもできます。

レミックでは、モバイルミキサを使用して、砂利の代わりにRC40-0を

使用した生コンを製造することができます。出荷はしていませんが、

レミブロックの作成に使用することもあります。


www.youtube.com


www.youtube.com

レミックマルハチ定休日

www.youtube.com

あの砂利ならレミックにあるよ!!「庭用石灰砂利販売中!」

「赤坂砂利は前から使っていたけど、レミックにあると聞いて。近いから助かるよ!」

「一緒に仕事している人が、15ミリを使いたいって言ってたから、紹介しておいたよ!

施主さんから、あの家のあの砂利がいいって言われて。探してたらレミックにあるって教えてもらったよ。」

などなど、うれしい言葉をかけていただけることもあります。

 

以前は生コン用の骨材として使用していましたが、川砂利に変更したため、残りの15ミリを外にストックしていました。すると、お客様に「あの砂利を売ってほしい」とのリクエストから販売を開始しました。

当時はSNSやホームページもまだ整備されていなく、お客様の口コミで徐々に広がっていきました。

口コミなどで広がったため、お客様によって、「赤坂砂利」「矢橋の15」「石灰砕石」など、いろいろな呼び方をされることがあります。これは、「大垣市赤坂の、矢橋工業」より仕入れているからです。

「15ミリ」

約15ミリ以下の砂利を分級したものなので、細かい砂利も含まれています。

また、原石を採掘する場所によって、若干色合いが変わってきます。白い石の割合が増減したり、茶色系の石が混じることもあります。事務所にサンプルをご用意していますので、お気軽にお問い合わせください。

 

現在、仕入れ先の出荷制限のため、週に約60トン程度しか入荷できません。在庫切れの時もあるため、お手数ですが、お越しになる前にお電話で確認してください。

申し訳ありませんが、取り置きや予約はできかねますので、ご了承ください。

在庫が無い場合は、入荷次第、順番にご連絡させていただいております。

「旦鳥20-10」も常時ご用意しています。

全体的に青みがかったグレーの砂利です。

こちらは、20ミリ~10ミリの大きさに調整してあるため、細かい部分の少ない砕石です。

 

旦鳥15-05取り扱い終了のお知らせ。

令和4年4月をもって、旦鳥15-05の工場渡しでのお取り扱いを終了させていただきました。

割栗石同様、旦鳥鉱産での引取り購入は可能ですので、ご入り用の方は弊社までご連絡ください。

 


www.youtube.com

 

生コン豆知識

 

石灰石ってなに?

主に方解石(炭酸カルシウム)という鉱物でできた石です。

大昔、海底のサンゴや石灰藻、コケ虫などが堆積したものが、火山などの影響で持ち上げられ、プレートの移動によって陸地まで運ばれたものだそうです。

石灰石の使い道としては、出荷量の約47%がセメントの原料として使用されています。

生コン用の骨材に約21%が使用され、道路用の骨材に約5%使用されています。石灰石生コン用の骨材としては、吸水率が小さく収縮率が少ない(ひび割れがおこりにくい)ため、優秀な骨材として重宝されています。

鉄を作る際にも使用されています。鉄鉱石と一緒に石灰石を炉に入れると、石灰石が不純物とくっついて鉄ができます。この時、不純物とくっついた石灰石を加工したものが高炉スラグといい、

生コンの「BB・高炉セメント」の原料の一部となります。セメントと

骨材、高炉スラグまで含めると、石灰石の使い道として約7割を

コンクリートが占めているんですね!

他にも、石灰やタンカル、ガラス製造など、様々な用途に使われて

います。

 

レミックマルハチ定休日(赤字がお休みです)

 

 

3年ぶりの開催です! ビジネスプラス展in SEKI 2022

5月13日・14日に、関市の「わかくさ・プラザ」にて、ビジネスプラス展が開催されました!

新型コロナウィルスの影響で、2年連続で中止となりましたが、ようやく今年は開催できました!

ビジネスプラス展とは、関市の「ものづくり」を体感できる企業展です。市内外の企業が参加し、優れた技術力や高品質な製品づくりなどを発表します。

今年は、64社が出展しました!

レミックのテーマは、「楽しくコンクリートを知ろう!!」

今回のレミックブースはこんな感じにしました!

基本に戻って、生コンクリートとは何なのか?と生コン工場の仕事と、ポーラスアイの紹介を行う展示です。

前回の触れる生ポーラスアイに続き、今回は触れる生コンクリートもご用意しました!

日頃、あまり見ることもなく、ましてや触ることのない、固まる前のコンクリートを皆さんに興味深く触ってもらい、

「このドロドロがカチカチになるなんて想像できない!」

「結構ジャリジャリなんですね!?」

「この前、家でコンクリートやってもらったけど、触ってみたかった!!触ったら怒られるもんね!?」と、喜んでいただけました!

沖縄に漂着した軽石で作製した、ポーラスアイのサンプルも展示したところ、多くの方に、「テレビでやってたやつですよね?あれから進んでいますか?」と声をかけていただきました。

皆さん、コンクリートの重さにも驚いていましたが、軽石のサンプルを持ってみて、その軽さに更にびっくり!

1日目は、市内の高校生が大勢見学にきてくれました。特に建設工学科の生徒さんには、生コンクリートとは?」について、熱心に話を聴いてもらえました。

2日目は、土曜日なので、家族連れで賑わいました。

楽しくコンクリートのことを知ってもらうために、今回は、上の画像のような、コンクリートでできた小物もたくさん用意しました。

ポーラスアイ(透水性コンクリート)の展示では恒例の、水を透すポーラスアイ水槽を展示しました。

毎回進化し続ける水槽は、今回のバージョンアップで、

ヒルが登場!

ポーラスアイを透って落ちる水に打たれながら浮かぶアヒルに、皆さん目を止められます!子供たちにも「水を透すコンクリートがあるんだよ!」と、紹介することができました。

ポーラスアイの紹介では、「自分でやってみたいから、袋売りがあるといいのに!」という反応が多かったです。他にも「板状になったものがあれば簡単に使えるから作ってよ!」「水を透すついでに水をろ過できたらいいね」など、たくさんのご意見をいただきました。

日頃、当たり前のように触っている生コンですが、一般の人に分かりやすく説明しようとすると難しいものですね。来年も、楽しい生コンをご紹介できるように頑張ります!

関の豆知識

今回、会場に来ていたマスコットの3人

左から関の刃物大使『空(くう)ちゃん』

関市のイメージキャラクター「関*はもみん」

小瀬鵜飼のマスコットキャラ「小瀬うかるくん」

はもみんは、刃物の町 関をイメージして、耳がハサミなんです!

上の画像は、ハンマーを持って会場をオラついているわけではなく、刀匠(刀鍛冶)の格好をしている、はもみんです。

レミック定休日(赤字がお休みです)

 

泡でコンクリート汚れを優しく落とす。 ブラスト‐オフ!!

生コン工場で、コンクリート汚れに悩まされるのは、ある意味当たり前ですよね!?

でも、綺麗な試験道具と、コンクリート汚れが付いた試験道具、どちらの試験屋さんが信用できるでしょうか?やっぱり綺麗な方ができる気がしますよね?

弊社では、コンクリート汚れを落とすことのできる、ブラスト-オフを取り扱っています。

 

ブラスト‐オフは、天然由来成分により、母材を傷めずに、コンクリートを分解します!

泡状にして吹付けることによって、汚れ部分にとどまり効率よく汚れに効き続けます!(別売りのポンプを使用すると、簡単に泡を吹付けることが可能!)

 


スランプコーンを掃除してみました。

厚めに付着した汚れや、古い汚れは吹付けただけでは落ちにくいため、ブラシなどでこすってやると、よく落ちます。

試験器具の中でも、特にデリケートなエアメータ。

素材がアルミでできているので、塩酸などで洗うと表面が融けてしまいます。しかし、ブラストオフを使えば、コンクリート汚れは落としても、アルミにはほとんど影響を与えません。

上の画像は塩酸をかけたもの、右はブラスト‐オフをかけたものです。多少の変色はありますが、塩酸程サビが発生しません!!

 

ブラスト‐オフはどこにでも使えるの?

 

ブラスト‐オフは反応後、水で洗い流す必要があるため、水で洗えない場所への使用はできません。

ブラスト‐オフの得意な汚れは、薄く付いたコンクリート汚れです。厚く付着したコンクリートは、なかなか落ちません。また、下地がキレイなほど、簡単に汚れが落ちます。

 




何年もかけて付いた汚れや、何回も塩酸で洗った箇所はあまり汚れが落ちませんでした。そんな箇所は、ブラシでこするなどして、反応を手助けしてあげると落ちやすくなります。

 

事例動画はこちら

www.youtube.com


www.youtube.com

 

19ℓと10ℓの2タイプをご用意しています。

ご注文、お問い合わせはお気軽に、0575-28-4008まで。

 

生コン豆知識

カメ作りは意外と奥が深い!?

以前ご紹介した、コンクリート製のカメ。基本的には、生コンの検査の残コンで作るため、低価格で販売しています。しかし、このカメづくり、奇麗さを追求していくと、結構勉強になります。

使う生コンは、セメント量が多く、強度の高い方がキレイに仕上がります。先月号で紹介した、高流動コンクリートで作ると、上のような、かなりきれいなカメができます。


冬場に急いで作りたい時、早く脱型し過ぎると強度不足で、

首がもげた!なんてこともあります。脱型時期を経験と予測

で見極める力も付きます。

型枠をはずしやすくするために、剥離剤(油)を塗りますが、

塗り過ぎると気泡だらけで、美しくないカメになります。

残コンで作るとはいえ、できるだけきれいなカメを作るように、日々勉強中です。

1個500円で販売中です!!

レミックマルハチ定休日