Remic Times

毎月投稿!1000~1500字程度で簡単に生コン情報をお届けします

残コン・戻りコンをリサイクル! 全国でレミブロックが買える⁉ 残コンブロック全国へ展開中!!

生コン工場の、悩みの種である残コン・戻りコン。

ちょうど、同じ配合を欲しがっているお客さんがいたとしても、余った生コンを納入することはできません!

余った生コンは、生コン以外の使い道を作ってやらないと、産業廃棄物として処分することになります。

 

セメントも骨材も、限りある大切な資源!捨てるなんてもったいない!

レミックでは、余った生コンを使用して「レミブロック」という大型ブロックを作っています。

最大の特徴は、おもちゃのレゴブロックのように、上面が凸、下面が凹の形になっているため、積み上げる時にジョイントになり、安定して積み上げることができます。

吊り下げ用の金具は、くぼんだ形状になっているため、積み上げる際に邪魔になりません。切り取る必要が無いので、いつでも簡単に動かす事ができます!

 

フレコンバックに土を入れて並べてあるのを見かけますが、時間が経つと破れたり、草が生えたりしてみっともないですよね。その点レミブロックなら、劣化しないので、キレイなままです!撤去も簡単にでき、次に使うこともできます!

レミブロックを使用すれば、型枠を組む必要も、生コンが固まるまでの時間も必要ないので、緊急時の施工や工期短縮の強い味方です!

※レミブロックは、残コンで作成しているため、強度、表面の色や仕上がりは保証の対象外です。

レミックで販売している残コンブロックは、「レミブロック」ですが、実は全国でも同様の規格で作成された、残コンブロックが製造販売されています。右の、ベトンブロック社製の型枠を使うことで、同じ規格のブロックを製造することができます。

1社では在庫が足りない時など、複数の工場から同じ規格のブロックを集めることができます!

それを可能にしているのが、「残コンブロック利用促進協議会」です。

ホームページを見れば、全国で同じベトンブロックを製造している工場がすぐに分かり、在庫も載っています。

工場によって需要が異なるため、タイプの違うブロックを作成していますが、凹凸の形状は全て同一サイズです。価格は、各地域の生コン価格なども考慮して、工場ごとに設定されています。

 

レミックで製造しているのは、1800×900×900の1㎥タイプと、900×900×900の0.5㎥ハーフタイプ(受注生産)の2種類です。1㎥タイプで約2.2トン。どちらも吊金具ありタイプです。

1個から販売していますので、お気軽にお問い合わせください!

 

生コン豆知識

コンクリートから砂利を取り出して、もう一度生コン用の砂利として使う事はできないの?

JIS規格には、コンクリートから砂利を取り出した「コンクリート用再生骨材H」「再生骨材を用いたコンクリート生コンを洗浄して取り出した「回収骨材」という規格もあり、規格化して、使えるようになっています。

ただし、どの規格も、新たな設備が必要だったり、コストがかかる、管理に手間がかかる、使用の条件が厳しいなどで、現状あまり普及していません。レミックでも使用していません。

ただし、JIS製品でなければ、もう少し柔軟に使用することもできます。

レミックでは、モバイルミキサを使用して、砂利の代わりにRC40-0を

使用した生コンを製造することができます。出荷はしていませんが、

レミブロックの作成に使用することもあります。


www.youtube.com


www.youtube.com

レミックマルハチ定休日

www.youtube.com

あの砂利ならレミックにあるよ!!「庭用石灰砂利販売中!」

「赤坂砂利は前から使っていたけど、レミックにあると聞いて。近いから助かるよ!」

「一緒に仕事している人が、15ミリを使いたいって言ってたから、紹介しておいたよ!

施主さんから、あの家のあの砂利がいいって言われて。探してたらレミックにあるって教えてもらったよ。」

などなど、うれしい言葉をかけていただけることもあります。

 

以前は生コン用の骨材として使用していましたが、川砂利に変更したため、残りの15ミリを外にストックしていました。すると、お客様に「あの砂利を売ってほしい」とのリクエストから販売を開始しました。

当時はSNSやホームページもまだ整備されていなく、お客様の口コミで徐々に広がっていきました。

口コミなどで広がったため、お客様によって、「赤坂砂利」「矢橋の15」「石灰砕石」など、いろいろな呼び方をされることがあります。これは、「大垣市赤坂の、矢橋工業」より仕入れているからです。

「15ミリ」

約15ミリ以下の砂利を分級したものなので、細かい砂利も含まれています。

また、原石を採掘する場所によって、若干色合いが変わってきます。白い石の割合が増減したり、茶色系の石が混じることもあります。事務所にサンプルをご用意していますので、お気軽にお問い合わせください。

 

現在、仕入れ先の出荷制限のため、週に約60トン程度しか入荷できません。在庫切れの時もあるため、お手数ですが、お越しになる前にお電話で確認してください。

申し訳ありませんが、取り置きや予約はできかねますので、ご了承ください。

在庫が無い場合は、入荷次第、順番にご連絡させていただいております。

「旦鳥20-10」も常時ご用意しています。

全体的に青みがかったグレーの砂利です。

こちらは、20ミリ~10ミリの大きさに調整してあるため、細かい部分の少ない砕石です。

 

旦鳥15-05取り扱い終了のお知らせ。

令和4年4月をもって、旦鳥15-05の工場渡しでのお取り扱いを終了させていただきました。

割栗石同様、旦鳥鉱産での引取り購入は可能ですので、ご入り用の方は弊社までご連絡ください。

 


www.youtube.com

 

生コン豆知識

 

石灰石ってなに?

主に方解石(炭酸カルシウム)という鉱物でできた石です。

大昔、海底のサンゴや石灰藻、コケ虫などが堆積したものが、火山などの影響で持ち上げられ、プレートの移動によって陸地まで運ばれたものだそうです。

石灰石の使い道としては、出荷量の約47%がセメントの原料として使用されています。

生コン用の骨材に約21%が使用され、道路用の骨材に約5%使用されています。石灰石生コン用の骨材としては、吸水率が小さく収縮率が少ない(ひび割れがおこりにくい)ため、優秀な骨材として重宝されています。

鉄を作る際にも使用されています。鉄鉱石と一緒に石灰石を炉に入れると、石灰石が不純物とくっついて鉄ができます。この時、不純物とくっついた石灰石を加工したものが高炉スラグといい、

生コンの「BB・高炉セメント」の原料の一部となります。セメントと

骨材、高炉スラグまで含めると、石灰石の使い道として約7割を

コンクリートが占めているんですね!

他にも、石灰やタンカル、ガラス製造など、様々な用途に使われて

います。

 

レミックマルハチ定休日(赤字がお休みです)

 

 

3年ぶりの開催です! ビジネスプラス展in SEKI 2022

5月13日・14日に、関市の「わかくさ・プラザ」にて、ビジネスプラス展が開催されました!

新型コロナウィルスの影響で、2年連続で中止となりましたが、ようやく今年は開催できました!

ビジネスプラス展とは、関市の「ものづくり」を体感できる企業展です。市内外の企業が参加し、優れた技術力や高品質な製品づくりなどを発表します。

今年は、64社が出展しました!

レミックのテーマは、「楽しくコンクリートを知ろう!!」

今回のレミックブースはこんな感じにしました!

基本に戻って、生コンクリートとは何なのか?と生コン工場の仕事と、ポーラスアイの紹介を行う展示です。

前回の触れる生ポーラスアイに続き、今回は触れる生コンクリートもご用意しました!

日頃、あまり見ることもなく、ましてや触ることのない、固まる前のコンクリートを皆さんに興味深く触ってもらい、

「このドロドロがカチカチになるなんて想像できない!」

「結構ジャリジャリなんですね!?」

「この前、家でコンクリートやってもらったけど、触ってみたかった!!触ったら怒られるもんね!?」と、喜んでいただけました!

沖縄に漂着した軽石で作製した、ポーラスアイのサンプルも展示したところ、多くの方に、「テレビでやってたやつですよね?あれから進んでいますか?」と声をかけていただきました。

皆さん、コンクリートの重さにも驚いていましたが、軽石のサンプルを持ってみて、その軽さに更にびっくり!

1日目は、市内の高校生が大勢見学にきてくれました。特に建設工学科の生徒さんには、生コンクリートとは?」について、熱心に話を聴いてもらえました。

2日目は、土曜日なので、家族連れで賑わいました。

楽しくコンクリートのことを知ってもらうために、今回は、上の画像のような、コンクリートでできた小物もたくさん用意しました。

ポーラスアイ(透水性コンクリート)の展示では恒例の、水を透すポーラスアイ水槽を展示しました。

毎回進化し続ける水槽は、今回のバージョンアップで、

ヒルが登場!

ポーラスアイを透って落ちる水に打たれながら浮かぶアヒルに、皆さん目を止められます!子供たちにも「水を透すコンクリートがあるんだよ!」と、紹介することができました。

ポーラスアイの紹介では、「自分でやってみたいから、袋売りがあるといいのに!」という反応が多かったです。他にも「板状になったものがあれば簡単に使えるから作ってよ!」「水を透すついでに水をろ過できたらいいね」など、たくさんのご意見をいただきました。

日頃、当たり前のように触っている生コンですが、一般の人に分かりやすく説明しようとすると難しいものですね。来年も、楽しい生コンをご紹介できるように頑張ります!

関の豆知識

今回、会場に来ていたマスコットの3人

左から関の刃物大使『空(くう)ちゃん』

関市のイメージキャラクター「関*はもみん」

小瀬鵜飼のマスコットキャラ「小瀬うかるくん」

はもみんは、刃物の町 関をイメージして、耳がハサミなんです!

上の画像は、ハンマーを持って会場をオラついているわけではなく、刀匠(刀鍛冶)の格好をしている、はもみんです。

レミック定休日(赤字がお休みです)

 

泡でコンクリート汚れを優しく落とす。 ブラスト‐オフ!!

生コン工場で、コンクリート汚れに悩まされるのは、ある意味当たり前ですよね!?

でも、綺麗な試験道具と、コンクリート汚れが付いた試験道具、どちらの試験屋さんが信用できるでしょうか?やっぱり綺麗な方ができる気がしますよね?

弊社では、コンクリート汚れを落とすことのできる、ブラスト-オフを取り扱っています。

 

ブラスト‐オフは、天然由来成分により、母材を傷めずに、コンクリートを分解します!

泡状にして吹付けることによって、汚れ部分にとどまり効率よく汚れに効き続けます!(別売りのポンプを使用すると、簡単に泡を吹付けることが可能!)

 


スランプコーンを掃除してみました。

厚めに付着した汚れや、古い汚れは吹付けただけでは落ちにくいため、ブラシなどでこすってやると、よく落ちます。

試験器具の中でも、特にデリケートなエアメータ。

素材がアルミでできているので、塩酸などで洗うと表面が融けてしまいます。しかし、ブラストオフを使えば、コンクリート汚れは落としても、アルミにはほとんど影響を与えません。

上の画像は塩酸をかけたもの、右はブラスト‐オフをかけたものです。多少の変色はありますが、塩酸程サビが発生しません!!

 

ブラスト‐オフはどこにでも使えるの?

 

ブラスト‐オフは反応後、水で洗い流す必要があるため、水で洗えない場所への使用はできません。

ブラスト‐オフの得意な汚れは、薄く付いたコンクリート汚れです。厚く付着したコンクリートは、なかなか落ちません。また、下地がキレイなほど、簡単に汚れが落ちます。

 




何年もかけて付いた汚れや、何回も塩酸で洗った箇所はあまり汚れが落ちませんでした。そんな箇所は、ブラシでこするなどして、反応を手助けしてあげると落ちやすくなります。

 

事例動画はこちら

www.youtube.com


www.youtube.com

 

19ℓと10ℓの2タイプをご用意しています。

ご注文、お問い合わせはお気軽に、0575-28-4008まで。

 

生コン豆知識

カメ作りは意外と奥が深い!?

以前ご紹介した、コンクリート製のカメ。基本的には、生コンの検査の残コンで作るため、低価格で販売しています。しかし、このカメづくり、奇麗さを追求していくと、結構勉強になります。

使う生コンは、セメント量が多く、強度の高い方がキレイに仕上がります。先月号で紹介した、高流動コンクリートで作ると、上のような、かなりきれいなカメができます。


冬場に急いで作りたい時、早く脱型し過ぎると強度不足で、

首がもげた!なんてこともあります。脱型時期を経験と予測

で見極める力も付きます。

型枠をはずしやすくするために、剥離剤(油)を塗りますが、

塗り過ぎると気泡だらけで、美しくないカメになります。

残コンで作るとはいえ、できるだけきれいなカメを作るように、日々勉強中です。

1個500円で販売中です!!

レミックマルハチ定休日

 

高流動コンクリートで楽してきれいな仕上がりに!!

f:id:remictimes:20220404154100p:plain

高流動コンクリートって知っていますか?

一般的な生コンは、スランプが8とか18とかで軟らかさを表しますが、スランプでは測定出来ないくらい柔らかい生コンのことです。軟らかいだけではなく、軟らかくても分離することのない、自己充填性に優れた生コンです。

左の写真のように、どれだけ広がったかを測定するのが、フロー試験といいます。

 

どんな所に使用するの?

生コンの入りにくい隙間や、バイブレータを使うことのできない箇所へ使用することが多いです。

例えば下の図のようなトンネル状の型枠に生コンを打設しようとすると、

 

普通の生コンの場合

f:id:remictimes:20220404154116p:plain

右側から生コンを入れます。予定の高さまで来たので次は左側から生コンを入れます。普通の生コンだと途中までしか入らないので、反対側から生コンを入れると空洞ができてしまいます。こうなるとバイブレーターをかけても空洞は消えません。蓋を作って真中から生コンを入れるしかありません。

 

 

高流動コンクリートの場合

f:id:remictimes:20220404154136p:plain



右側から入れた生コンは、苦労しなくても反対側から出てくるので、もうトンネルの中には空洞がありません!後は、左側にも生コンを入れれば打設完了です!!

高流動コンクリートは、自己充填性に優れているので、楽して隅々まで生コンが充填されていきます。

ジャンカや気泡も少なくなるので、表面が綺麗に仕上がります!

f:id:remictimes:20220404154157p:plain

弊社の高流動コンクリートで一番需要があるのが、橋の耐震補強の拡幅工事です。耐震のために、橋の土台を大きくするのですが、左の写真のように、型枠の上には既存の橋があるため、上からの打設ができません。そこで、型枠の側面に穴を開けてそこからポンプ車で注入する方法で打設します。

軟らかくても分離しないから注入することができるのです!

f:id:remictimes:20220404154215p:plain

右の写真は、長さが45mある壁です。普通の生コンでも打設できたのですが、高流動コンクリートを採用していただきました。

理由は「人手が足りない!」でした。バイブレータ無しでもきれいに仕上がり、ポンプ屋さんと2人で約2時間で打設完了です!

「高流動コンクリートなんて、ハードルが高くて使えないよ。」という声も聞きますが、気軽に使用してもらえます。生コンの単価は上がりますが、人手を減らせる、時間が短縮できることを考慮すれば、意外とお値打ちかもしれません。

高流動コンクリートは、いつでも出荷できますので、お気軽にお問い合わせください。(大臣認定品は事前に手続きが必要ですのでお問い合わせください)

f:id:remictimes:20220404154231p:plain

高流動コンクリートって、水がたくさん入っているの?

普通の生コンに水をたくさん入れると、右の写真のようにペーストだけ広がって砂利が残ります。これが分離している状態です。俗にいうシャブコンです。打設は楽にできるかもしれませんが、強度は低いし、耐久性も低いです。フロー配合は、水は少ないまま、生コンを軟らかくするための混和剤を高性能なものに変更しているのです!

f:id:remictimes:20220404154246p:plain

さらに、軟らかくても分離しない為には、セメントや粉体をたくさん使用する必要があるのですが、それでは強度も材料代も上がってしまうため、増粘剤という特殊な混和剤を使用して、強度の低い配合でもフロー配合を実現しています。

 

f:id:remictimes:20220404154306p:plain


www.youtube.com


www.youtube.com

レミックマルハチ定休日

 

f:id:remictimes:20220404154321p:plain

 

大切な生コン廃棄してませんか? 貴重な資源はリサイクル

f:id:remictimes:20220310080836p:plain

生コンを注文する時の悩みの1つが、数量計算ですよね。ちゃんと計算したけれど余っちゃった…。きっちり計算したのに足りなかったなんてことも…

生コン打設は、足りない状態では終われないので、少なからず余り

ます。1つの現場で0.1㎥だけ余ったとしても、生コン工場に戻って

くる残コンは、1日1~2㎥になります。年で200~400㎥にも…

時には1車丸々戻ってくることもあるためもっと多くなります。

日本全国では、なんと年間100万~200万㎥の残コンが発生して

いるとも推察されています!

注)残コンと戻りコンの違いはありますが、今回は残コンで統一して表記しています。

 

生コンは、在庫としてとっておくことができないため、多くの生コン工場では、固めてから割って、産業廃棄物として処理します。その場合は手間と多額の処理費用がかかり、生コン工場が負担することが多いです。

 

残コンのリサイクルとして、ブロックなどの二次製品を作る工場もあります。レミックでも、昔から束石を作ってきました。サイズが小さいため、大量の残コンを処理できませんでした。令和2年からは、1㎥サイズのレミブロックの作成を始めました。これにより、大量の残コンをリサイクルする事ができます。

 

【束石】3種類のサイズがあります。1個230円~

f:id:remictimes:20220310080851p:plain

【レミブロック】1㎥サイズで約2.3トン、1個7,000円

f:id:remictimes:20220310080911p:plain

在庫が無い時もあるので、お問い合わせください。

レミブロックの記事はこちら

remictimes.hatenablog.com

それでも、型枠には限りがあるため、処理しきれない残コンは、やはり廃棄することになります。そこで使用するのが、弊社で販売している「WA」です!軟らかい生コンに混ぜるだけで、水分を無くして固めるので、パラパラのRC状態になります!そうすることで、残コンを廃棄するために固める場所がいらず、ダンプに積み込むための破砕作業もいりません!

 

路盤材や埋め戻し材として使用できます。

販売出来れば、処分代がいらないどころか、売り上げに変身!!
注)WAは再生骨材としてのリサイクルは想定していません。

f:id:remictimes:20220310080945p:plain

f:id:remictimes:20220310080954p:plain 
www.youtube.com




路盤改良剤WAには2種類あります。

WA-21…スランプ18㎝程度までの残コン用

WA-Super…スランプ21㎝程度までの残コンに対応可能

f:id:remictimes:20220310081016p:plainf:id:remictimes:20220310081034p:plain

使い方は簡単

残コンを積んだ生コン車に、0.25㎥に対して1袋を投入。3分間高速撹拌するだけで、パラパラの路盤材が出来上がります。

少量づつの残コンなら、プールに貯めておき、WAを投入。重機でかき混ぜるだけでも処理が楽になります!

WAは、1袋200グラム入り。水溶性の袋なのでそのままお使いいただけます。

どちらも1,000円/1袋で、50袋単位での販売です。

今回、レミックタイムズを見た方へ、10袋の初回お試しパックをご用意しました!!

お問い合わせ・ご注文は、0575-28-4008まで。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

www.remic08.jp

弊社では、残コンと、解体されたコンクリートを破砕して、RC40-0の販売をおこなっていますので、ご利用ください。


www.youtube.com

 

生コン豆知識

砂も貴重な資源です!!

世界的に砂不足って知ってました⁉コンクリートアスファルト、埋め立て、他にも様々な用途に使われます。

コンクリートに使える砂が足りないため、輸入に頼っている国もあるそうです。

中東などでは、周りが砂漠で砂だらけなのに、砂を輸入しているそうです。砂漠の砂は細かすぎて使えないんです。あんなにあるのにもったいないですね。

岐阜県では、まだ近くで採取できますが、それでも難しくなっています。都市部では遠くの県から砂を買っているなんて話も耳にします。そのうち、海外から砂を輸入しないと生コンを製造できないなんて日がくるかもしれません。そうなったら、いくらの生コンになるのやら…

限られた資源は、大切に使わなくてはいけませんね。

f:id:remictimes:20220310081102p:plain

 

令和4年2月号 BMX&モバイルミキサーで軽石問題に挑む! レミック軽石リサイクルプロジェクト

f:id:remictimes:20220202085353p:plain

テレビでも報道されているとおり、小笠原諸島での噴火による、軽石の漂着が問題になっています。現在、漂着量は減少しているものの、回収した軽石が大量に山積みされており、具体的な処分方法が、いまだに決まっていません。

沖縄県の海岸に軽石が押し寄せている様子


www.youtube.com


www.youtube.com

 

なぜ、岐阜県のレミックマルハチが、沖縄の海へ?

昨年11月に、軽石問題の報道特集をテレビで見た、弊社の社長が、「何かできることはないだろうか…」と考えました。「コンクリートにして固めてやったらいいのでは⁉」と思いましたが、塩分を含んだ特殊な材料なので、現地の生コン工場では製造が困難。

「BMXやモバイルミキサーを使えばいいじゃないか!!」軽石リサイクルプロジェクトの始まりです。

 

BMXとは?

重機などに取り付け、予め計量した材料を投入して、生コンを製造するマシンです!製造した生コンは打設箇所まで、そのまま運搬することが可能!製造能力は、0.1・0.25・0.45・0.60㎥の4タイプあります。

モバイルコンクリートミキサーとは?

生コン製造に必要な材料を積載し、現場で生コンを製造するマシンです!

1回の材料補給で約3㎥程度の製造が可能。

どちらも、レミックで販売・リースをしております。

f:id:remictimes:20220202085444p:plain

モバイルについての詳しい情報はこちら

mobileconcrete.jp

なぜ現地の生コン工場では製造が困難なのか?

軽石生コンの材料にする場合、今使用している材料を溜めてあるヤードを空けて軽石を入れる必要があります。軽石はとても軽く、生コンに入れると浮いてくるため、通常の生コンに少しでも混ざると大問題に。また、多量の塩分を含んでいるため、設備を傷める恐れがあるため、困難なのです。

f:id:remictimes:20220202085459p:plain

 

その点、BMXやモバイルミキサーは、軽石コンクリートを製造するための専用プラントとすることができます。機械を洗うのも、プラントと比べれば格段に楽に洗えます。

今回は、手軽に扱えるBMXを持って、沖縄に乗り込みました!!

f:id:remictimes:20220202085547p:plain

使用する型枠は、弊社で使用しているレミブロックです!

軽石を処理するためだけに、コンクリート塊を作っても資源の無駄。漁礁ブロックや資材ヤード、フェンスブロックやテトラポットなどに使用できるよう、統一規格のブロックを製造します!ブロックの凹凸によって、積み上げや設置作業も楽にできます。

(左は軽石コンクリート・右は軽石ポーラスコンクリート

レミブロックの記事はこちら

remictimes.hatenablog.com

 

沖縄では、「与那原・西原漁業組合」のもと、地元の建設会社などと協力して、現地で軽石ブロックの製造デモを行いました。事前に計量した材料をBMXに投入!練り混ぜて、レミブロックへ打設!

たくさんの人に見学していただきました。

f:id:remictimes:20220202085606p:plain

その時の様子が沖縄県内の新聞に取り上げられました!

今後は、海に沈めてサンゴやプランクトン、魚の増殖などのモニタリングを行ない、評価されれば、軽石ブロックの製造が始まる予定です。

まだまだ提案段階ではありますが、一日も早く軽石撤去のお役に立ちたいと思います。

事業が軌道に乗れば、軽石被害のため、漁に出ることのできない漁業関係者に作業をしてもらえれば一石二鳥!

レミックマルハチは、軽石ブロックで、沖縄の人の笑顔を取り戻します!!

軽石リサイクルプロジェクトについては「info@remic08.com」までメールでお問い合わせください。(企業秘密も多々ありますのでお応えできない事もあります。ご了承ください。)


www.youtube.com

 

f:id:remictimes:20220202085332p:plain

 

www.youtube.com