Remic Times

毎月投稿!1000~1500字程度で簡単に生コン・ビジネスの情報をお届けします

REMIC TIMES 3月号 人手が足りない小規模工事にこそ「高流動コンクリート」!

作業員が少なくてすみ、人件費がかからず、打設時間も削減でき、すぐ次のしごとに移れてみんなハッピー、しかも綺麗に仕上がる、そんな生コンがあるとしたら、だれもが欲しいと思うのではないでしょうか。

Remic Times 3月号では、このような商品をご紹介しております!その名も、

高流動コンクリート

 

高流動コンクリートとは、通常の強度(呼び強度27~45)でありながら、通常の生コンよりも柔らかく、分離することなく、自己充填性に優れた生コンです。この高流動コンクリートは、昨年JISに制定され、建築工事などの構造物にも使うことができるようになりました。しかし、現在岐阜県内で高流動コンクリートのJIS取得工場はないのが現状です。弊社も取得しておりません。

「え、JISを取得してないなら使えないじゃん」と思っているそこのあなた、安心してください!使えますよ^^

レミックマルハチは高流動コンクリートの大臣認定を、岐阜県で最初に取得しています。JIS製品ではありませんが、手続きをすれば建築構造物にも、問題なく使用することができます。今までは、高流動コンクリートを使いたいけれど、仕方なく高強度生コン(呼び強度が50を超えるような生コン)のフロー配合を使用していたというかたにも、弊社から適切な強度の高流動コンクリートを適正な価格でご提供することができます。

高流動コンクリートは、マンションなどの免震構造のような狭い箇所や、橋の耐震強度、トンネルの覆工のように、1ヶ所から流し込みたい工事など、バイブレーターが届かない工事などで使用されています。

「うちは細かい仕事しかしないし、使う数量も少ないから関係ないです。」という言葉も聞きますが、そんなことありません!!小規模工事や数量がでない工事にも、是非使用していただきたい生コンです。

上の画像の擁壁は、高さ2m、長さ4mです。これがなんと、1ヶ所からのポンプ打設!ノンバイブレーター!打設時間は約20分でできちゃいます。単価は通常の生コンと比べ、3000~4500円ほど高くなりますが、楽に打てる分作業員は少なくてすみ、人件費がかかりません。打設時間も削減でき、すぐ次の仕事に移れてみんなハッピー、しかも、きれいに仕上がります!

施工事例

道路に面した家の擁壁

施主様からの「きれいに作ってね!絶対に失敗しないでね!」という、強いリクエストにこたえるために、高流動コンクリートを採用していただきました。

2.3㎥を約20分で打設完了!!きれいに仕上がり、施主様も満足でした

高さ1.2m長さが45mもある擁壁。

工期が無いのに人が集まらない!

ポンプ車で打設するにしても自分しかいない!

高流動コンクリートならバイブレーターがいらないから、一人でもできる!?

という感じで採用していただきました。ポンプ車の人と2人で、8.8㎥を約2時間で打設完了!!高流動コンクリートは、高性能AE減衰剤使用なので、「通常の生コンより硬化が遅く、均しやすかった!!」とのおまけつきでした。

こちら、杉板模様の擁壁です。

型枠の内側に、杉板を設置してコンクリートに杉板模様を転写する工法です。

こちらの業者は、ほかの現場でも、フロー配合を使用したそうですが、そこの工場では高強度コンクリートしかなく、呼び強度60のフロー配合で打設したそうです。

そんなに強度はいらないので、弊社の強度30フロー55cmを採用していただきました。

仕上がりは抜群!色まで転写されていて、知らない人が見たらコンクリートだと思わないくらいの仕上がりです。

 

お知らせ

3月1日から、砕石のしれ価格の変更に伴い、販売価格が変更されました。

旦鳥15-05 5,000円・旦鳥20-10 6,000円・旦鳥割栗石 6,000円

矢橋(赤坂)15ミリの価格に変更はございません。

 

プラント休み

日曜日と3月7日・3月21日・4月4日・4月18日の各土曜日です。