Remic Times

毎月投稿!1000~1500字程度で簡単に生コン・ビジネスの情報をお届けします

新規顧客の獲得にコストをかけてはいけない理由

どうも、最近DIYにはまっている若手社員のKGです。

昨日セメントで作った小物入れがお気に入りです。

f:id:remictimes:20200518162445j:plain

今日は「新規顧客の獲得にコストをかけてはいけない理由」について書いていきたいと思います。

 

こんなタイトルを書くと、

「なぜ新規顧客の獲得にコストをかけちゃいけないんだ!」

「むしろ広告を出してたくさんの人に来てもらったほうがいいじゃないか!」

 

と、思った方がいると思います。

 

しかし、この記事を読めば、その理由がわかっていただけると思います。

 

それでは、なぜ新規顧客の獲得に力を入れてはいけないのか、その理由を一つずつ説明していきたいと思います。

 

まずは、いつも通り結論から言わさせていただきます。

 

新規顧客の獲得にコストをかけてはいけない理由は、

新規顧客の獲得より、リピート客を増やすことにコストをかけたほうが利益につながりやすいからです。

 一般的に、新規顧客を獲得するために必要なコストは、リピート客を獲得するコストの5倍かかると言われています。いくらぐるなびホットペッパーにお金を払って新規顧客を獲得したとしても、必ずしもその顧客がリピートしてくれるとは限りません。

で、、あるならば、一度来たお客様を逃がさない仕組み、新規で来たお客様に高確率でリピート客になってもらえるような仕組みを作ったほうが良いということです。

では具体的にどんな仕組みを使えばいいのでしょうか。

 

答えはサブスクリプションです。

 

サブスクリプションとは、「定額料金を支払うことで、一定期間のサービスが受けられることを保証するサービス」のことで、現在私たちの日常も、このサブスクリプションのサービスであふれています。例をあげると、ネットフリックスやアマゾンプライムなどもサブすくです。

 

ではなぜサブスクリプションがいいのか、経営側のメリットを説明していきます。

 

メリット1

小規模から低リスクで始められる

サブすくといってもいきなりすべてを定額制でやる必要はなく、一部の商品からテスト的に始めることができます。あとはお客様の反応を見て少しずつ、商品、サービスを増やしていくことができます。

 

メリット2

お客様のデータを取りやすい

大前提として、サブすくに登録したお客様の心理は、定額支払った以上、損をしたくないという思いがあります。普通の顧客よりもお店に関心を持ってくれているため、アンケートにも答えてもらいやすくなり、より正確なデータ、お客様のニーズを知ることができます。あとは、そのニーズに応えることや、サービスの改善をすることで顧客満足度があがります。そうすると、自然と口コミで広がっていき、新規顧客も増えることにつながります。

 

メリット3

安定した収入を得られる=投資しやすい

サブすくは毎月安定した売り上げを得ることができます。もしあなたが経営者で、何か新しい機械を導入したいと考えていたとしたら、安定した収入があれば、比較的安心して購入できると思います。

 

以上、今日は「新規顧客より、リピート客、リピート客を獲得したいなら、サブすくがお勧め!」というお話でした。

www.remic08.jp

www.facebook.com