Remic Times

毎月投稿!1000~1500字程度で簡単に生コン・ビジネスの情報をお届けします

REMIC TIMES 11月号 セメント・コンクリート汚れを落とすなら ブラスト・オフ!!

この度、レミックマルハチから、セメントの汚れ落とし、

ブラスト・オフが新発売されました。

アメリカ製のブラストオフは、セメントやコンクリート汚れに、泡状にして吹付けると、セメント成分が分解され、水で洗い流せば綺麗になります。

天然由来成分により、母材を損傷させることなく、汚れを除去できます!

 


飛び散ったセメント汚れ除去剤【BLAST-OFF】エンジンカッター30秒バージョン

 

アメリカの通販番組みたいに、番組ではすごく落ちているけど、買って使ったら、いまいちなんじゃないの?」というお声も、聞こえてきそうです。

そこで、弊社で実証テストをしてみました。

 

こちらは弊社で使用している、レミブロックの型枠です。

1年程使用していますが、外側は掃除したことがありません!

f:id:remictimes:20201027084115p:plain

f:id:remictimes:20201027084158p:plain

左側のみブラスト・オフを吹付て、しばらくしてから、高圧洗浄機で洗い流しました。

コンクリートの付着は少し残りましたが、ブリーディング水として付着したセメント汚れはきれいに落ちました。

 

続いて使い捨て型枠に使われる、鉄製の板での検証です。

生コンに付けて3日後、生コン洗いの定番である、塩酸・サンポール・ブラストオフでの比較です。

 

上が1回目(30分後)です。薄く付いたセメントはすぐに落ちました。

下が2回目(6時間後)です。3種類とも綺麗になりました。

f:id:remictimes:20201027124419p:plain

落ちるのは分かった。なら、塩酸でもサンポールでもいいじゃないですか?

そこで、母材の傷み具合を比較してみました。

今回比較に使った型枠の底版は、コーティングしてあるため、どれも変わりない結果だったので、表面を削って、地金を出して比較しました。

 

左から、水・塩酸・サンポール・ブラストオフの順です。6時間漬け込んで、水洗いののち、天日乾燥させました。

 

塩酸は見事に錆びました。サンポールも錆びました。ブラストオフはやや変色がみえますが、ほとんど水と同じ結果になりました。

 

全ての汚れがキレイに落ちるわけではありません。

何度も塩酸などで洗って、塗装面が綺麗ではなかったり、何層にもコンクリートが付着した生コン車などは、簡単には落ちない傾向がありました。

 

コンクリート汚れが付着したら、できるだけ早く処理するのが、効果的です。

下地の塗装が綺麗なほど、汚れが落ちやすいです。

 

いくらなの?

定価(消費税・送料別)

ブラストオフ19L…38,800円

        10L…24,200円 

専用ポンプ1個 …33,800円

 

新発売キャンペーン中(令和2年12月31日まで)

特別価格(消費税・送料別)

ブラストオフ19L…34,000円

        10L…21,200円 

専用ポンプ1個 …25,550円

 

大型生コン車だと、どれくらい必要?

汚れ具合にもよりますが、大型生コン車の後ろ側を洗浄する時は、8~10L程度です。

専用ポンプは必要なの?

液体に浸す、スプレーでかけるなどの使い方もできますので、絶対必要ではありませんが、泡にすることによって、施工箇所にとどまるため、使用量を節約することができます。

手で触っても大丈夫?洗った水は流しても大丈夫?

天然由来成分なので、危険ではありませんが手袋やマスク、保護メガネ、レインスーツなどを使用してください。反応後の液体なら排水に流しても大丈夫です。

 

どうやって買うの?

レミックマルハチまでお電話ください。ネットからも購入できます。

担当:山下ムネノリ(0575-28-4008)お気軽にお問い合わせください!

 

動画でも使い方を解説しています!!


セメント飛散り専用除去剤「BLAST-OFF」の使い方 5分でわかる

 

プラント休みのお知らせ

日曜日と11月21日・12月5日・12月19日の各土曜日。年末年始休業は12月30日~1月6日までです。