Remic Times

毎月投稿!1000~1500字程度で簡単に生コン情報をお届けします

REMIC TIMES 令和3年10月号 ひと手間もふた手間も楽ができる「メッシュレスコンクリート」

    f:id:remictimes:20211007183308p:plain

一般的に、土間コンクリートを打設する時には、コンクリートのひび割れを防ぐ目的で、ワイヤーメッシュがよく使用されます。

(コンクリートのひび割れについては、裏面の生コン豆知識をご覧ください。)

 

そんなワイヤーメッシュですが、ひび割れ防止の役に立たない場合もあります。右の写真は、一見綺麗にワイヤーメッシュが敷かれていますが、地面に置いてあるだけなので、残念なことに、表面のひび割れ防止の役には立っていないのです!!

では、どうすればいいのか⁉地面とワイヤーメッシュの間にスペーサーと呼ばれるものを設置して、ワイヤーメッシュを適切な位置まで浮かせる必要があります。

 

この作業が面倒くさいうえに、打設中の足場が不安定になり、危ないため作業性が落ちます。

 

そこで、ワイヤーメッシュの代わりに使えば、ひび割れ防止効果が簡単に得られるのが、バルチップです!!

            f:id:remictimes:20211007183426p:plain

この、バルチップを、生コンに入れるだけで、メッシュレスコンクリートになります。

 

生コン全体に、無数の繊維がまんべんなく分散するため、ひび割れ防止効果が簡単に得られます。

もう、ワイヤーメッシュを敷く手間はいりません!!

 

バルチップは、手で引張ったくらいでは切れません。表面の凹凸でコンクリートをがっちり固定します。

            f:id:remictimes:20211007183536p:plain

メッシュレスコンクリートは、工場出荷時に生コン車へバルチップを投入してから、現場にお持ちします。

現場での、投入や撹拌の手間や騒音もなく、気軽に使用することができます。

メッシュレスコンクリートは、住宅の土間など少量出荷を想定していますので、0.5㎥から、0.1㎥単位でご注文いただけます。

 

どうやって注文すればいいの?

普通の生コンと同じように数量を計算して、通常使う配合を注文してください。その際、「メッシュレスコンクリートでお願いします!」と言ってください。

バルチップを混入することで、スランプがやや硬くなります。

          f:id:remictimes:20211007183704p:plain

どうやって打設するの?

打設は、普通の生コンと同じです。ポンプ車でも問題なく打設できます。(軟らかい繊維なので、ホースなどを傷つけません)必ずタッピングを行い、バルチップを沈めてください。(後から浮いてくることはありません)コテ仕上げの際に、表面に飛び出たバルチップは押し込んでください。

        f:id:remictimes:20211007183746p:plain

小規模現場応援価格:生コン代+6,000円/㎥

撹拌代や洗浄代を含みます。その他の割増は生コンの単価表に準拠します。

RemicTVでメッシュレスコンクリートの紹介をしています。


www.youtube.com

バルチップの製品情報はこちらから

www.remic08.jp

 

 

生コン豆知識

なんで、固くて強いコンクリートにひび割れができるの?

ひび割れの原因にはいろいろありますが、土間コンクリートによく見られる2種類を紹介します。

       f:id:remictimes:20211007183854p:plain



・初期ひび割れ

打設直後に起こりやすいひび割れです。固まり始めた生コンから、水分が蒸発したりして体積が減るため、表面にひび割れが発生します。

このひび割れを防ぐには、コンクリートの表面をビニールで覆う、直射日

光や風を防ぐ、散水などで表面を乾かないようにする方法があります。

まだ、硬化が終わっていないので、少量の水をかけてコテ仕上げを行う

と直すこともできます。

 

            f:id:remictimes:20211007183917p:plain

 

・乾燥収縮ひび割れ

打設から2~3ヶ月以降に発生するひび割れです。

コンクリートは硬化した後も、コンクリートの細孔中には水分が残っています。その水分の蒸発によってコンクリートが縮もうとしますが、コンクリート中の砂利や、鉄筋、他の接合部材に拘束され、比較的弱い所でひび割れが発生します。このひび割れを防ぐには、収縮率の低い骨材を使う、水の少ない生コンを使う、膨張材や収縮低減剤を使用するとありますが、実際は難しいですよね。バイブレータをしっかりかける、タッピングを行う、などは予防効果があるようです。

 

もし、ひび割れを見つけたら、目立つ所なら補修したいですよね。補修屋さんに頼むと、費用がかかるし、楽に、目立たないようにできないかなぁ。

そんな時は「クラックメンテ」があります。

セメント系なので目立ちにくく、特別な工具もいらず、施工はとっ

ても簡単です。

               f:id:remictimes:20211007183947p:plain



プラント休みのお知らせ

日曜日と10月2日・16日・30日・11月6日・20日の各土曜日です。

 

www.remic08.jp

一緒に働く仲間も募集中です!!

www.remic08-recruit.com