Remic Times

毎月投稿!1000~1500字程度で簡単に生コン情報をお届けします

泡でコンクリート汚れを優しく落とす。 ブラスト‐オフ!!

生コン工場で、コンクリート汚れに悩まされるのは、ある意味当たり前ですよね!?

でも、綺麗な試験道具と、コンクリート汚れが付いた試験道具、どちらの試験屋さんが信用できるでしょうか?やっぱり綺麗な方ができる気がしますよね?

弊社では、コンクリート汚れを落とすことのできる、ブラスト-オフを取り扱っています。

 

ブラスト‐オフは、天然由来成分により、母材を傷めずに、コンクリートを分解します!

泡状にして吹付けることによって、汚れ部分にとどまり効率よく汚れに効き続けます!(別売りのポンプを使用すると、簡単に泡を吹付けることが可能!)

 


スランプコーンを掃除してみました。

厚めに付着した汚れや、古い汚れは吹付けただけでは落ちにくいため、ブラシなどでこすってやると、よく落ちます。

試験器具の中でも、特にデリケートなエアメータ。

素材がアルミでできているので、塩酸などで洗うと表面が融けてしまいます。しかし、ブラストオフを使えば、コンクリート汚れは落としても、アルミにはほとんど影響を与えません。

上の画像は塩酸をかけたもの、右はブラスト‐オフをかけたものです。多少の変色はありますが、塩酸程サビが発生しません!!

 

ブラスト‐オフはどこにでも使えるの?

 

ブラスト‐オフは反応後、水で洗い流す必要があるため、水で洗えない場所への使用はできません。

ブラスト‐オフの得意な汚れは、薄く付いたコンクリート汚れです。厚く付着したコンクリートは、なかなか落ちません。また、下地がキレイなほど、簡単に汚れが落ちます。

 




何年もかけて付いた汚れや、何回も塩酸で洗った箇所はあまり汚れが落ちませんでした。そんな箇所は、ブラシでこするなどして、反応を手助けしてあげると落ちやすくなります。

 

事例動画はこちら

www.youtube.com


www.youtube.com

 

19ℓと10ℓの2タイプをご用意しています。

ご注文、お問い合わせはお気軽に、0575-28-4008まで。

 

生コン豆知識

カメ作りは意外と奥が深い!?

以前ご紹介した、コンクリート製のカメ。基本的には、生コンの検査の残コンで作るため、低価格で販売しています。しかし、このカメづくり、奇麗さを追求していくと、結構勉強になります。

使う生コンは、セメント量が多く、強度の高い方がキレイに仕上がります。先月号で紹介した、高流動コンクリートで作ると、上のような、かなりきれいなカメができます。


冬場に急いで作りたい時、早く脱型し過ぎると強度不足で、

首がもげた!なんてこともあります。脱型時期を経験と予測

で見極める力も付きます。

型枠をはずしやすくするために、剥離剤(油)を塗りますが、

塗り過ぎると気泡だらけで、美しくないカメになります。

残コンで作るとはいえ、できるだけきれいなカメを作るように、日々勉強中です。

1個500円で販売中です!!

レミックマルハチ定休日